笑顔の花咲く認知症介護

介護の仕事をもっと楽しく♪

介護は「素晴らしい」仕事なのか

 

介護の仕事してると

 

「えらいね~」「すごいね~」って言われることない?

 

 

そして、自分も「介護の仕事は素晴らしい」って思ってない?

 

 

わたしもね、介護の仕事素晴らしいって思うよ。

認知症介護大好きだよ♪

kaigomiyu.hatenablog.com

 

でも、すごく違和感を感じることがある。

 

いろんなことを犠牲にしたうえで成り立つ「素晴らしさ」っていうのかな。

 

 

過酷な労働条件。

 

低賃金。

 

人間関係のトラブル。

 

体の不調。

 

 

いろんなものを抱えた人がたくさんいるでしょ?

 

 

介護の「素晴らしさ」って、働く人がそこまで負担を強いられなければ成り立たない「素晴らしさ」なのか?

 

 

当たり前のようにサービス残業する人。

 

当たり前のように休日出勤する人。

 

勤務時間が終わって退勤する時に「すみません」って言う人。

 

 

別にいいけどね。

あなたがそれで本当に幸せなら。

 

そういう生き方をして、

「今日死んでも悔いはない!大好きな介護を、自分の満足のいく方法でやり切った!」

って思えるならそんなに幸せなことはないよね。

 

 

もし、そうじゃないのならまずは

「今の自分の仕事おかしいんじゃないか?」って気付いて。

 

 

たぶん、これ気づいても認めるの怖いと思う。

だって、認めてしまったら行動しないといけないもんね。

 

退職とか。

 

転職とか。

 

上司に直談判とか。

 

同僚に喧嘩売るとか。笑

 

 

 

行動する勇気がない人はみんな言うよ。

 

「だって、言ってもどうせ聞いてくれないし」

 

「だって、わたしが辞めたら人手不足でみんな困るし」

 

「だって、誰に話したらいいか分からないし」

 

 

わかるよ。

行動するのすごーく怖いよ( ゚Д゚)

 

でも、まわりの人がどう思ったって、変わりたければ、変えたければハラを決めて動くしかないのよ。

 

 

素晴らしい本を書いている人が変えるんじゃない。

 

素晴らしい施設を経営している人が変えるんじゃない。

 

 

それぞれが素晴らしい自分の本音に気づいて、行動できる人が増えていくことが介護の世界を変えて行く。

 

そんな世界を目指しませんか??

 

 

本音に気づいた人が、介護の世界を去っていくのもアリだとわたしは思ってます( *´艸`)

 

 

ハラ据えて自分の人生にぶつかっていきたい人( ^ω^ )

kaigomiyu.hatenablog.com

 

 

 

 ランキング参加中♪

クリックお願いします( *´艸`)


にほんブログ村