♪大好きな「介護士さんの笑顔」♪

認知症介護をもっと楽しく♪

人生を豊かにする気づき

介護の仕事を約15年。

 

独立して1年が過ぎました。

 

 

はじめから認知症介護が大好きで、常にそこに生きがいを感じていたわけではありません。

 

認知症のお年寄りの行動にイライラして、その怒りをぶつけそうになったことも。

 

 

いろいろな葛藤や迷いの中で、認知症介護から学ぶことがたくさんあることに気付いたのです。

 

それは、わたし自身の人生をも豊かにする気づき。

 

 

「あるがままの生き方」


グループホームのような共同生活のなかでも、

 

寝たいときに寝る。

 

食べたいときに食べる。

 

脱ぎたいときに脱ぐ。

 

 

わたしは認知症の人のそういったところがとても好きですし、うらやましく思います。

 

「今はこうすべき」「これはしちゃいけない」という、「やりたい」気持ちにブレーキをかけることが少ないんです。

 

常識や世間体にとらわれすぎているとここが許せなくなってしまう気がします。

 

 

このように自由に生きている認知症の人と、その場にそぐわない「問題行動」とされるものを必死で止めようとする職員。

 

 

職員が必死になって止めようとするほどうまくいかない。

 

職員が一緒に楽しんでしまえば笑顔が増える。

(この「楽しむ」は、認知症の人の言動を受け入れつつ、共同生活にも支障が少なくなるように物事を運ぶスキルとでも言いましょうか)

 

この部分にわたしは認知症介護の奥深さを感じるのです。

 

 

 

そして、認知症介護から受け取ったメッセージ。

 


以前、こんな相談を受けました。


Q. 介護の仕事をしているときにイライラするのはダメなんですよね?


A. いえ、介護者も人間ですから。感情があるんですから全くイライラしないというのは難しいんじゃないでしょうか?

 

 

 

大切なのは「自分がイライラしているのを認めること」

 

 

「ダメだ、ダメだ!」と自分を責め続けているとどんどん辛くなります。

 

 

「認めること」ができたら、今度は「なぜイライラするのか?」を自分に聞いてみてください。

 

そこには自分自身の思い込みやとらわれている思考が隠れているかもしれません。

 

わたしの場合、行き詰った時にその問いかけをすることで「計画通りに進まないと気が済まない自分」が浮かび上がり、その自分がわたし自身を苦しめていることに気付きました。

 

そして、自分が楽になる為にその思考を手放すことで介護の仕事がより楽しくなり、自分の生き方も楽になりました。

 


介護の仕事は単に「世話する、される」ではなく、

リアルないのちの触れ合いです。

 

 

そこから感じること、学ぶことはたくさんあると思います(*´ω`)

 

 

ランキング参加中♪

クリックお願いします( *´艸`)


にほんブログ村

「みんなの介護」コラム掲載スタート♪

 

コラムを掲載していただきました♪

www.minnanokaigo.com

 

認知症の人との出会いから、介護の仕事で辛かったことや嬉しかったことを書かせていただいてます。

 

 

コラムを書くにあたって、大学生時代にさかのぼりました。

 

そして初めて就職した時の衝撃や戸惑い、その後グループホームに転職してからの自分の中での葛藤、あるおばあちゃんとの出会いなどをゆっくりと思い出しながら…。

 

 

じわじわと、これまで一緒に働いてきた人や、介護のLINE@で出会った人たちの顔が浮かんできました。

 

浮かぶのはいつもみんなの笑顔(*´ω`)

 

 

コラムの中でも触れていますが、わたしは認知症の人の笑顔が大好きです♡

 

その笑顔のためにとってもとっても大切なのが介護に携わるみんなの笑顔。

 

 

介護に携わる人の笑顔が増えますように♡

いろんな情報をLINE@でも配信しています( *´艸`)

 

わたしと絡みたい!!と思ってくれているそこのあなた♡www

 

普通ではない、様々な角度から介護に携わる人のサポートを目指します♪

「魔法のかいご公式LINE@」無料登録はこちらから!

↓↓↓↓

https://line.me/R/ti/p/%40yku4197v

 

 

ランキング参加中♪

クリックお願いします( *´艸`)

 


にほんブログ村

自分が辛いのを人のせいにしていませんか?

魔法のかいご公式LINE@、登録ありがとうございます♪

 

 

たくさんの方とお話しできるのがとっても楽しいです。

 

その中で同じ夢を持つ人がいたり、なかなか進めずにいた人が思い切って新しい世界に飛び込んだり(*´ω`)

 

 

 

そこで気づいた。

 

立ち止まっていつまでも進めない人はまわりばっかり見てるの。

 

 

「職場のあの人のこんなところが嫌なんです」

 

「わたしこんなに頑張っているのに、認めてもらえないんです」

 

「今日こんなことがあってすごく嫌な気持ちになったんです」

 

 

 

そうですね。

 

辛いし、嫌だし、文句も言いたくなりますね。

 

 

そしてその表面に見えている傷だけを優しくなでてもらうことを望んでいるんでしょう?

 

 

「うわ~。そんな人がいたら大変ですよね~」

 

「あなたは本当に頑張っていると思います。無理しないで下さいね」

 

「それは大変でしたね。辛かったですよね~」

 

 

 

そんな言葉を望んでませんか?

 

 

自分と向き合わずに、問題の原因を周りに求めていてもなんの解決にもなりません。

 

 

 

そこが居心地よくて安心できるのならそのままでいいと思います。

 

傷ついた時に優しい言葉が欲しいと思うのもわかる。

 

 

 

でも、その環境に少しでも違和感を感じるのなら。

 

同じことの繰り返しだな~って思うことがあるんなら。

 

 

勇気を出して、自分の中と向き合ってみませんか?

 

 

 

ムカつく人が現れた時。

 

仕事がうまくいかないのを誰かのせいにしたい時。

 

疲れてイライラする時。

 

 

 

あなたの中で何が起こってますか?

 

 

 

あの人に対する怒りも。

 

誰かの行動による悲しみも。

 

認知症の人に対するイラつきも。

 

 

みーんな答えはあなたの中。

 

 

 

ひとりで向き合うことが難しい時はお手伝いしています。

 

 

これは時にとっても苦しいです。

 

 

自分の中と向き合うのが怖くて逃げだす人もいます。

 

逆ギレする人もいます。

 

涙する人もいます。

 

 

でも、そんなドロドロの感情と向き合うことができた時、人は変わります。

 

 

そんな人を何人も見てきました。

 

わたしもそのうちのひとり( *´艸`)

 

 

ベテラン介護士さんにこそのぞいてほしい。必要なのは介護の専門知識だけじゃない。

「魔法のかいご公式LINE@」無料登録はこちらから♪

↓↓↓↓

https://line.me/R/ti/p/%40yku4197v

 

 

ランキング参加中♪

クリックお願いします( *´艸`)

 


にほんブログ村

 

 

 

魔法のかいご公式LINE@。お仲間募集中♪

LINE@はじめてから1年が経ちました。

 

 

はじめは、

 

仕事の中で感じたことや学んだこと、介護の知識的なものを配信していました。

 

 

最近は、一見介護と全く関係のないこと配信してます( *´艸`)

 

 

介護の現場から飛び出して丸1年。

 

セミナーやらせてもらったり、コラムを書かせていただいたりする中で、いろんな人と出会い、いろんな刺激を受けてきた。

 

 

介護の知識なんて、ググればいくらでも調べられる。

 

介護に関する本もたくさん出ている。

 

 

 

それでも介護士さんの悩みが尽きないのはなんでかなぁ。

 

 

介護系の掲示板は愚痴だらけなのはなんでかなぁ。

 

 

 

わたしは介護の仕事は好きですが、

 

「介護の仕事って楽しいことばっかりだよ~♡」とはよう言わん。

 

 

いっぱい悩んで、体調崩して、出社拒否になって…。

 

それを乗り越えて今があるのは自分の在り方が変わったから。

 

 

 

好きな仕事を続けていくためにまず必要なのって、専門知識じゃない。

(知識はいらん!!ってことじゃなく)

 

そして、忙しい介護士さんが取り入れやすいように簡単、すぐ実践できるものをできるだけ多くお届けしたいと思っています。

 

 

そんなことをお伝えしはじめてからどんどん登録者さんが増えている「魔法のかいご公式LINE@」

 

 

LINE@でしか流さない情報や動画もあります( *´艸`)

 

 

気になる方は登録してね♪

登録無料(*´ω`)

↓↓↓↓

https://line.me/R/ti/p/%40yku4197v

 

 

ランキング参加中♪

クリックお願いします( *´艸`)

 


にほんブログ村

 

 

3秒でできる!心にゆとりを作る二つの方法

☆昨年、認知症オンラインに掲載されたコラムに加筆・修正したものになります。

 

 


みなさんは仕事中、心にゆとりはありますか?

 

認知症介護の仕事はその時その時で慌ただしさが天と地ほどあります。

 

 

 

「なんだか今日は静かだな~」っていう時もある。

 

そうかと思えば、

 

こっちでは喧嘩、あっちでは転倒、そっちでトイレに行きたいと呼んでいる!そんな時に限って外線電話がかかってきたり…。

 

 

夜勤をしている時にも、示し合わせたように同じタイミングで数人の入居者さんがお部屋から出てきたり。笑

 

 

わたしの勤めていたグループホームはふたつのユニットがつながっていたので18人を二人のスタッフでみていたので助かりましたが…。

 

これが一人だと本当に大変( ゚Д゚)

 

 

 

忙しい時は本当に大変ですよね!!

 

焦る気持ちもとてもよくわかります。

わたしもそうでしたから。

 

 

そんな忙しい中でもほんのちょっと心にゆとりを作る方法についてお伝えします。

 

 

まず、心にゆとりがないとどうなるのか?

 


介護者の心にゆとりがないとどんなことが起こってくると思いますか?

 

イライラして、呼吸は浅く、体に力が入って、顔つきもこわばっているのではないでしょうか?

 

 

ここでちょっと考えてみてください。

 

よくわからないところに来てしまって、突然知らない人がなんだか怖い顔をしてどんどん近づいてくる。

そして、「お風呂に行きましょう」「トイレに行きましょう」って誘われたら…。

 

ついていきたいと思いますか?

 


こういった状況を現場で時々見かけました。

 

スタッフも余裕がない状態でいっぱいいっぱいですから。

 

 

そしておじいちゃんおばあちゃんがその誘いを断ったら「介護拒否」と言われてしまうわけです。

 

 

介護拒否の大きな原因の一つは介護者の心にゆとりがないこと。

 

 

 

では、どうやったらゆとりができるのか。

 


その1。

まずは「深呼吸」

 

体操なんかでも「はい!吸って~。吐いて~」ってやりますが、深呼吸する時は息を吐くことを意識して(*´ω`)

 

思いっきり息を吐きます。

 

細く強く口から息を吐きだして肺の中を空っぽにします。

 

そして、吸う時は鼻からゆっくりと。

 

 

そうすれば、空っぽの肺に自然に空気が送り込まれていきます。

 

これで身体や脳に酸素がいきわたってスッキリする。

 

 

一瞬だけでも「呼吸」に意識を持っていって頭の中のイライラも一旦リセット。

 

 

 

これは以前コーチングの勉強の中で学んだのですが、

人はずっとネガティブな思考が続くととっても苦しい状態になります。

 

例えば、こんな思考ですね。

 

「なんで言うこと聞いてくれないの?」

 

「また上司に怒られた…」

 

「なんであの人あんなにのんびり仕事してんの?」

 

「忙しいのに!!」

 

 

なので、ほんの数秒、一瞬でもいいので、別のことに集中してそのネガティブ思考を切断してみてくださいね。

 

 


その2。

ゆっくり近づく

 

どんなに忙しく動いていても、お年寄りの5歩手前から意識してペースを落としてください。

 

そして3歩手前からは1秒に1歩くらいのつもりで歩いてみてください。

 

意識的にペースを落とすことで心に少しゆとりができます。

 

忙しい勢いのまま行くよりも、その後の声かけも穏やかにできると思います。

 

 

 

これね、セミナーで受講生さんに体験してもらったんです。

 

 

いきなり一番目の前に座っていた人に速足で近づいて、「〇〇さん!!」って声をかけました。

 

めっちゃびっくりしていました。笑

 

 

気をつけないと、同じようなことが介護現場でも起こります。

 

そんな状態でお風呂とかトイレとか言われても、身構えてしまって、わたしなら絶対断りますね!

 

 


息を吐いて3秒。

 

ゆっくり近づいて3秒。

 

どちらもタイムロスはほとんどありません。

 

 

ゆとりのないまま介助しようとすると、

 

うまくいかなくて余計に時間を費やしてしまったり、声掛けがうまくいかないことでさらにイライラしてしまう。

 

そしてさらにゆとりがなくなってしまう。

 

 

その悪循環を断ち切るためにも、「深呼吸」「ゆっくり」を仕事の中に取り入れてみてください。

 

できる時に、できる事から少しずつ( *´艸`)

 

 

普通ではない方法で介護に携わるみなさんのサポートを目指します!

「魔法のかいご公式LINE@」無料登録はこちらから♡

↓↓↓↓

https://line.me/R/ti/p/%40yku4197v

 

 

ランキング参加中♪

クリックお願いします( *´艸`)


にほんブログ村

「勝ちたいという感情ですら邪念」

 

吉田沙保里さんの名言です。

 

 

仕事でも

 

「うまくやろう」

 

「あいつには負けたくない」

 

って思いませんか?

 

 

その感情を否定するわけではないのだけど、ハラ生きワークをやっていると吉田選手の言葉を身をもって体験できます( *´艸`)

 

 

ハラ生きのワークでは、大勢に押さえられた状態から動いたり、大勢のガードを弾き飛ばしたりします。

 

 

でもね、

「抜け出てやろう」「弾き飛ばしてやろう」と思うと絶対にうまくいかないのです。

 

 

 こういった「邪念」が入ることで身体が緊張して、その人本来のパワーが発揮できなくなる。

 

 

「勝ちたい」

「うまくやりたい」

 

と思って、いろいろ学んだり、トレーニングを積む。

 

わたしも今、人体の構造についてめっちゃ勉強してます。笑

 

 

でも、いろんなものを詰め込んだ自分でなにかパフォーマンスをしようとしたときにはそんな感情すらない方がいい。

 

 

でも、これまで「負けないぞ~」って頑張ってきた癖ってなかなか抜けないのです。

 

 

 

 人間関係のストレスも多い介護の仕事。

 

「勝ちたい」「負けない」って気合を入れることだけがうまくいく道ではないという事を体感してみませんか??

 

 

特に、そうやって気合入れ続けたけどうまくいかなくて疲れてしまっているあなたにおススメです(*´ω`)

 

☆ハラ生き道入門編 in半田

☆2月28日(水曜日)

☆10時~12時

☆参加費:3000円

半田市住吉町「ゆきのしずく」

 (詳細はお申込みいただいた方にお知らせします)

 

お申込みはこちらから♡

↓↓↓↓

ハラ生き道入門編in半田

 

 

ランキング参加中♪

クリックお願いします( *´艸`) 

 


にほんブログ村

 

 

暮らしの癒学にコラム掲載♡

コラムを書かせていただきました♪

 

f:id:kaigomiyu:20180216222811j:plain

 

わたしの両親も70歳が近づき、家族の介護が他人ごとではなくなってきそうな気配です。

 

先日も、超安全運転だった父親の運転に「不安を感じるようになった」、と母親がもらしていました。

 

 

義理の父親は何年も前に脳梗塞を起こし、左半身麻痺です。

(なんとかひとりで生活できるレベルですが)

 

 

介護の仕事しているからって身内の介護がしっかりできるかと言えばそうではない。

 

 

むしろ、仕事でできることでも、身内だと感情が入ってしまって逆にうまくいかないパターンも多い。

 

そういったお悩みを抱えている介護職員さん、結構います。

 

 

仕事もあって。

 

子育てもしていて。

 

いろんな家族関係がある中で、「介護」というものは時に自分の時間を犠牲にし、時に自分の感情を抑えて向き合わないといけないこともある。

 

 

もちろん、介護を楽しんでいる人もみえます( *´艸`)

 

 

でもそうではない人。

 

うまくできない自分を責め、相手を責め、また自分を責める。

 

そんな負のループが起こることも。

 

 

人に頼らずに頑張ることが美徳とされてきた日本。

 

時にその習慣が介護の壁になります。

 

 

 

介護は誰かの協力なしでは成り立たない。

 

それくらい言ってもいいと思います。

 

 

「人に迷惑をかけない」と頑張った結果、たくさんの人に迷惑をかけてしまうこともありますね。

 

 

だから、思い切って頼りましょう♪

 

 

 

まわりに目を向ける。

 

誰かに頼ってもいい。というゆるみを持たせる。

 

 

そのために今回のコラムが役に立つと思っています。

 

 

大切なのはあなた自身が穏やかで心地よくいることですよ( *´艸`)

 

 

 

見るもの聞くものすべて「介護」に繋がっている。そんな想いから幅広い情報をお届けしています。「魔法のかいご公式LINE@」無料登録はこちらから♪

https://line.me/R/ti/p/%40yku4197v

 

 

ランキング参加中♪

クリックお願いします( *´艸`)

 


にほんブログ村